顔にできたイボに効く薬と治し方

顔にできるイボは、青年性扁平疣贅と呼ばれているものが多くあります。20歳前後の女性に多くみられるものです。一週間から二週間で自然に消える場合もありますが、放置しておくと増殖する可能性が高くなるため、すぐに医師の治療を受けることをおすすめします。その他、老人性のものは、加齢に伴って発生します。放置しておくと大きくなる可能性が高くなります。治療薬を探す場合にはまず自分のイボがどの種類のものかをきちんと把握することです。クリニックでの治し方は、ステロイドや漢方薬などが処方される場合があり、症状や程度によって異なります。レーザーや液体窒素などとの併用が多いのが特徴です。専用のハサミで切除する場合もあります。治療は保健が適応される場合もありますので、事前に確認すると良いでしょう。顔は皮膚が薄いパーツでもあるため、免疫力が下がったり、紫外線などの外部刺激によってイボができやすくなりますので、日々のケアをきちんとすることが大切です。スキンケア用品の中には、イボに効果的にはたらきかけるハトムギエキスが含まれたものがおすすめです。傷口からウイルスが感染して増殖してしまうウイルス性のイボの治し方は皮膚科で内服薬やレーザー、液体窒素などを使用して行いますので、自分でお肌を傷つけて取るのはやめ、医師に相談しましょう。