イボ治療薬

顔にできるイボはウィルスが原因のものと老化によるものがあります。
ウィルス性のものは青年性扁平疣贅(せいねんせいへんぺいゆうぜい)と呼ばれ、肌色より少し濃い色合いで隆起した状態のものです。自然と治ることもありますが、ウィルスの増殖が続くと悪化する恐れがあるので気が付いたら皮膚科を受診するようにしましょう。ウィルスは傷口から感染するので、予防法としては顔に傷を作らないようにすることが大切です。ごしごしと擦るようなスキンケアは気付かないうちに皮膚に細かい傷を作ってしまいます。肌に優しいスキンケアを心がけましょう。また、生活習慣が乱れていると免疫力が低下してウィルスに感染しやすくなります。規則正しい生活を送って免疫力をアップさせることも予防法のひとつです。
老人性のイボは老化が原因ですが、若い人でもできることがあります。紫外線によるダメージの蓄積やスキンケア不足による乾燥も原因となるので、紫外線対策や乾燥対策など日ごろのお手入れを丁寧にすることが予防となります。
イボ治療で皮膚科にかかった場合、内服薬も処方されます。ヨクイニンはウィルス性にも老人性にも有効だと言われているので、皮膚科でも内服薬のひとつとして処方することがあるようです。ハトムギという植物から抽出したものなので安全性が高く副作用の心配がないというメリットがあります。ヨクイニンは内服薬でなくてもハトムギ茶を飲むなど、日ごろの生活にも取り入れやすいので積極的に利用することで予防することができます。
顔のイボはその原因を知っておくと日常生活で予防することができます。病院での治療が終わったあとも毎日の生活を見直して再発を防ぎましょう。

顔にできるイボは、青年性扁平疣贅と呼ばれているものが多くあります。20歳前後の女性に多くみられるものです。一週間から二週間で自然に消える場合もありますが、放置しておくと増殖する可能性が高くなるため、すぐに医師の治療を受けることをおすすめします。その他、老人性のものは、加齢に伴って発生します。放置しておくと大きくなる可能性が高くなります。治療薬を探す場合にはまず自分のイボがどの種類のものかをきちんと把握することです。クリニックでの治し方は、ステロイドや漢方薬などが処方される場合があり、症状や程度によって異なります。レーザーや液体窒素などとの併用が多いのが特徴です。専用のハサミで切除する場合もあります。治療は保健が適応される場合もありますので、事前に確認すると良いでしょう。顔は皮膚が薄いパーツでもあるため、免疫力が下がったり、紫外線などの外部刺激によってイボができやすくなりますので、日々のケアをきちんとすることが大切です。スキンケア用品の中には、イボに効果的にはたらきかけるハトムギエキスが含まれたものがおすすめです。傷口からウイルスが感染して増殖してしまうウイルス性のイボの治し方は皮膚科で内服薬やレーザー、液体窒素などを使用して行いますので、自分でお肌を傷つけて取るのはやめ、医師に相談しましょう。

顔にできるイボの原因は、ヒトパピローマウィルスというウイルスによるものです。そのウイルスは100種位以上あり、皮膚にできた傷口からウイルスが入り込み感染してイボになります。
顔にできるイボのほとんどが青年性扁平疣贅というもので、肌の色よりも少し濃い感じの色で米粒程度の大きさです。これは1~2週間で自然になくなることもありますが、どんどん増殖してしまう可能性もあるので早めの対処が必要です。
治療薬は、ヨクイニンという成分の飲み薬を内服し、数日過ぎるとイボが赤くなりかゆみが出てきて、そこから1週間くらいで消えていきます。また、薬以外では液体窒素による凍結療法がおこなわれることがありますが、それも数回行う必要があります。
その他、老人性疣贅というものあります。これは加齢により皮膚の老化現象でできるもので、治療薬や治療療法は青年性扁平疣贅と同じです。
顔の皮膚は薄いので、疲労の蓄積や、過度のストレスで免疫力が低下している時にイボが発生しやすい傾向にあります。疲れがたまって免疫力が落ちた時こそ、肌ケアをしっかりと行い予防すべきなのです。乾燥を防ぎ、保湿を心がけ、肌のターンオーバーを正常に保つことが大切です。